2016年02月29日

No.57 ハケサキノコギリヒバ (学名:Odonthalia corymbifera)

臼尻近海で多く観察される紅藻の1種。
平たく、複数に分枝した枝が特徴です。
春〜秋にかけて、多くの生きものたちの隠れ家となっており、
タケギンポやタウエガジの仲間がハケサキノコギリヒバの上にいる姿がよく観察されます。

P6292218.jpeg


posted by 海の写真館 at 11:11| Comment(0) | photo

2015年11月17日

No.56 シュイロヒメヒトデ、キタザラヒトデ

北の海で目にするヒトデは、イトマキヒトデやマヒトデが圧倒的に多く、これらは潜ってもあまり目につくことのないヒトデ類ですが、岩場をよくよく観察すると意外に多くの個体を見つけることができます。
写真個体のキタザラヒトデは茶色っぽい色をしていますが、個体によってピンク色であったり黄色であったり、色彩変異に富みます。

056.jpeg

              シュイロヒメヒトデ(左)とキタザラヒトデ(右)


posted by 海の写真館 at 09:16| Comment(0) | photo

2015年09月14日

No.55 トビヌメリ(稚魚)(学名:Repomucenus beniteguri)

臼尻では稀に出現する、ネズッポの仲間です。
名前と写真の通り、水中を遊泳しますが、なぜ遊泳するのかは分かっていません。
分布域は新潟以南とされており、北海道へは夏の季節来遊と思われます。


055.jpg



posted by 海の写真館 at 13:21| Comment(0) | photo