2016年02月29日

No.57 ハケサキノコギリヒバ (学名:Odonthalia corymbifera)

臼尻近海で多く観察される紅藻の1種。
平たく、複数に分枝した枝が特徴です。
春〜秋にかけて、多くの生きものたちの隠れ家となっており、
タケギンポやタウエガジの仲間がハケサキノコギリヒバの上にいる姿がよく観察されます。

P6292218.jpeg


posted by 海の写真館 at 11:11| Comment(0) | photo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: