2012年03月19日

No.14 フクロノリ

フクロフノリ.jpg
紅藻 フクロフノリ(学名:Gloiopeltis furcata) 撮影地:臼尻 撮影者:佐藤佳那


 北海道から九州の日本全国に分布し、主に潮間帯上部の岩上に生育します。 
 藻体は中空の袋状で、不規則に分枝して3〜15 cmに生長し、体色は紅色から茶褐色を呈します。 本種は同型世代交代を行い、配偶体、四分胞子体共に巨視的な大きさです。 配偶体は雌雄異株で果胞子を放出し、四分胞子体は四分胞子を放出します。 放出された果胞子、四分胞子は岩上で発生し、円盤状の付着器(根状部)を形成、後に直立体となります。 本種は多年生で、直立体が枯死した後も岩上には盤状の付着器が残存し、再び直立体を発出します。
 古くは高級な漆喰や、伝統的な糊料として利用されてきました。みそ汁の具の他、食材として様々な利用が可能です。

(写真をクリックすると大きな写真でご覧になれます)
posted by 海の写真館 at 14:16| photo