2014年01月08日

N0.29シワイカナゴの群れ

シワイカナゴは6月頃にふ化してから、次の繁殖期に入るまで、群れを作って
表層〜中層付近を浮遊し続けます。
透明度が良くなる冬には10m先でも中層を泳いでいる姿を見ることができます。
この風景は夏のシュノーケリングでも観察できます。

シワイカナゴという名前だけあって、食用には向きません。

feb.JPG

posted by 海の写真館 at 14:16| Comment(0) | photo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: